障子張り替えについてご紹介します

このサイトでは障子張り替えに関する様々な情報について載せています。
初めて行う場合には思いのほか時間がかかることもあるため、余裕を持って行うことが重要であり、事前にコツや手順も知っておかなければなりません。
また、張替えのタイミングやコツについても解説していますので、自分で行おうかと迷っている場合には参考にしながらチャレンジしましょう。
調べても難しそうだと感じたら、業者に依頼することもできますので、業者選びも解説します。

障子張り替えは自分で出来る!初めての場合は時間に余裕をもって行うことが大切

障子張り替えは自分で出来る!初めての場合は時間に余裕をもって行うことが大切 障子張り替えは自分で行うことも可能です。
手順はそれほど多くはありませんし、コツさえつかめれば簡単にできますが、慣れないうちは手間取ることが多いので、時間に余裕を持って行いたいところです。
特に障子張り替えでは貼る作業に丁寧さが求められ、少しでもずれているとうまくいきません。
仮止めの状態で位置を確認する時になかなか定まらなかったり、せっかく仮止めは上手くいっているのに本格的に貼ろうとしたらずれてしまったりと、思わぬ問題が発生することもあります。
障子紙が木枠に沿って真っすぐに伸ばせないこともよくありますので、細かな調節をするのに時間がかかるため、最初から短い時間で済ませようと考えると予定通りに進まないかもしれません。

障子張り替えのとき注意すべき点と、張り替え方法について

障子張り替えのとき注意すべき点と、張り替え方法について 障子を見かける家は少なくなりましたが、特に和室がある部屋には障子がだいたいあります。
障子は和紙を使っていますので、太陽光や蛍光灯でやや黄色がかってきます。
長年使っていれば茶褐色になりますので、この色だと見栄えがよくないですから張り替えがいいです。
多くの家庭では年1回、年末に大掃除と一緒に障子張り替え作業があります。
方法としてまずは障子紙を全部破棄します。
紙は剥がれにくい状態になっていますので、霧吹きで水をかけて、時間を少し置くと剥がれやすくなります。
きれいに剝がし取ったら、しばらく太陽光(紫外線)に当てて、乾燥させます。
紫外線で雑菌が死滅しますので衛生面ではまったく問題ないでしょう。
乾燥が終われば、糊を使って障子紙をゆっくり貼っていきます。
ここで使う糊は、水に溶かしたデンプン糊がいいです。
水分を多く含んだ糊はくっつきやすいからです。
張り終えたら、障子全体に霧吹きで水を満遍なくかけていきます。
乾燥しながらしわくちゃになっている紙が伸びて見栄えのいい障子ができあがります。
障子張り替えの部屋はきれいになり、寛げる部屋(空間)として生まれ変わるでしょう。
日本の伝統的な文化を重んじる意味では障子張り替えは貴重なものかもしれません。

大掃除と一緒にやってしまいたい障子張り替え

不用品の処分や模様替えや配置換えや電化製品・家具の買い替えや断捨離やコンセント増設や害虫駆除など、大掃除をするときに一緒にやってしまいたいことは幾つかありますが、和室の障子張り替え作業もその一つです。
湿気を吸って湿度調整をしたり外から差し込む日差しを適度に遮り程よい明るさをもたらしたりなど、障子は機能的で様々な役割を果たします。
障子が持つ機能性やインテリア性をキープするためには、定期的な張り替えが必須です。
破れや日焼けによる変色やカビや汚れやシワで見た目が悪くなっているなら、大掃除の時に張り替えてしまいましょう。
障子張り替え作業はDIY感覚で行うことも可能ですが、広い作業スペースが必要になり時間と手間がかかります。
素人が行うとシワが寄ったり長持ちしなかったりなどの問題がつきまといますので、業者に任せるのが正しい選択です。
障子紙には色々なタイプがありますので、和室の環境やインテリアに応じてベストなものを選びましょう。

準備が大変な障子張り替え作業はプロに依頼すべき

趣あふれる和室のみならず和風モダンな洋室にも美しく溶け込む障子は、インテリア性だけではなく機能性にも優れています。
外からの日差しや照明の強い光を遮り優しくて柔らかい均一な明るさをもたらしてくれますし、吸湿性や断熱性や防音性や防臭性も高く居心地が良い快適な空間を作るという役目も果たします。
そんな障子をキレイに機能的に保つために、少なくとも5年に1回は障子張り替え作業を行うべきです。
作業するのに十分なスペースを確保したり部屋の中の養生をしたりホームセンターで道具を買い揃えたりなど、障子張り替え作業はとにかく準備が大変です。
天気予報などもチェックしながらスケジュール調整をしなければならないという煩わしさもありますし、知識や経験や技術力が乏しいとしわになったりよれたり破れたりなどのトラブルとも隣り合わせです。
そこでおすすめなのが、全ての作業を業者に依頼するという方法です。
見積依頼をして打ち合わせをして納品を待つだけで負担が軽減されますし、さほど料金も高くないのでコストパフォーマンスも抜群です。

障子張り替えを女性が行うときのポイントとは

家の和室の障子が壊れてしまい、そのままにしてしまっている女性も多いのではないでしょうか。
障子張り替え作業は体力も技術も必要になるので、人の助けが必須になります。
一人でやろうとすると、多くの場合失敗したり、やり直しになることもあります。
障子張り替えを一回で済ませたいと考えている人は、専門の業者に依頼することもひとつの方法です。
材料を買ったり和紙や、刷毛のりを揃えると、意外にも高くつくことも多いです。
女性なら障子の枠を外すのも力がいるので、体力面でも神経を使います。
どうしても一人でやりたいと考えている人は、家族に手伝ってもらうようにしましょう。
事前に準備するものを揃えていればスムーズに進みます。
今は、張り替える和紙もさまざまなタイプがあり、アイロンでつけることができるのも売っています。
インターネットで検索をしたり、近くのホームセンターで見つけてみると良いです。
作業には時間が必要なので余裕をもって行うようにしましょう。

障子張り替えは便利で簡単に行える!準備が大事

自宅の和室の障子が壊れていて、張り替えが必要なのに、そのままにしている人も多いでしょう。
張り替え作業には以外にも手間がかかり、時間が必要となります。
特に年末の大掃除や来客がある時に慌てて行う人もいるために、年に何度も行う作業でもないために、めんどうだと感じる人もいます。
障子張り替えを簡単で便利に行うには、専門の業者に依頼するのが一番ですが、料金もかかるために自分で行う人がほとんどです。
障子張り替えは、昔とは違い簡単にできる道具も揃っています。
昔は刷毛でのりをつけながら、しわができないように慎重に行っていましたが、今はアイロンで便利につけることができる和紙も売っています。
のりを使いながらの作業が苦手で時間がかかると考えている人は、アイロンで簡単にできる障子の和紙を選ぶようにしましょう。
ホームセンターや、インターネットでも簡単に手に入るので、事前に順義さえしておけば手間になりません。
時間に余裕がある時に行うのがポイントです。

障子張り替えをできるだけ節約をして施工する簡単な方法

和室を設けている住宅の場合は、障子を使った建具を備えていることが多いのですが、この障子は年数が経過すると破れている箇所が出てきたり、変色を起こしてしまうことは多く、室内空間を綺麗に見せるには障子張り替えをすることで新品の状態に戻せます。
障子張り替えは専門会社があるので依頼をすると数時間で仕上げてもらえますが、できるだけ節約志向で張り替えを希望する方は、DIYでも簡単に張り替えする方法はあります。
まずは必要となる障子のサイズを計測して、ホームセンターやネット通販から資材を購入し、同時に接着方法を確認することも必要です。
障子は紙製の他、樹脂製のタイプもあるので自由に選べますが、接着に関しては専用の糊を利用する方法と、糊付きでアイロンで接着できるタイプもあります。
薄くて透明な両面テープを用いる方法もあるので、節約を重視するには普通タイプの障子を購入し、100円ショップで購入できる両面テープを用いる方法が最安値になる施工法です。

適した時期やコツを知ることで障子張り替えの仕上がりに差がつく

和室には欠かせないは時間の経過とともに黄ばみが生じますし、破れてしまうこともあるためメンテナンスが必要です。
障子張り替えをするにあたりコツをつかむことで、美しい仕上がりにすることができます。
古い障子を剥がすことから始まりますが、糊が付着しているので湿らせてから剥がすのがポイントです。
濡らす際には全体を、するとスッと剥がしやすくなります。
キレイに障子張り替えをするためにも時期を見計らうのも良い考え、シーズン的に雨の多い時はチャンスです。
湿気を吸収することで膨張するのが紙の特徴であり、やがて乾きますがその際には張りがでるので障子もピンとキレイに仕上がります。
プラスチック製もあるのが今の障子であり、手軽に張り替えができますし丈夫です。
だからプラスチック製障子を使用するのもひとつ、個人での作業で手こずるようなら、作業慣れしている専門業者への依頼をするのも選択肢になります。
濡らして剥がし仮止めして糊を付けて障子紙を張る、こうしたステップを自分たちで丁寧に行うのも良いものです。

障子張り替えを始めてでも簡単に行うやり方について

障子張り替えを始めてやると、ムラが出来たりズレたりして上手く貼る事出来ない人もいますが、コツさえつかめば誰でも簡単に貼る事が出来ます。
障子張り替えを始めてでも簡単に行うやり方は、剥がす時に手でそのまま取ろうとすると枠に剥がし残しが出てしまうので、ホームセンターなどで売られている糊の成分を剥がす溶剤を使って綺麗に剥がす事から始まります。
この時に手を抜いて枠から障子の剥がし残しがあると、ムラができる原因となります。
剥がし材でも落とせない頑固な糊は、サンドペーパーなどを使って削り取ります。
枠が綺麗になったら完全に木枠をドライヤーなどで乾かして、余分な水分を飛ばしてから専用の糊を履けを使って満遍なく塗って行きます。
糊が乾く前に障子紙がたるまないように貼り付けて、乾いた刷毛でシワが出来たら伸ばします。
そしてドライヤーを使って糊が乾いたら、障子が枠からはみ出している箇所を、カッターなどを使って綺麗に取り除けば完成です。

障子張り替え業者の繁忙期とスムーズに予約をするコツ

日本家屋特有の仕切りドアの一つ、襖に使用する障子は定期的に張り替えを行わなければいけません。
障子張り替えの作業は個人でもできますが、失敗をするとやり直さなくてはいけないので専門業者に依頼する方が無難です。
障子張り替えは新年を気持ち良く迎えられるように、年末に行う家庭が多いと言われています。
そのため、毎年11月から12月が張り替え業者の繁忙期となり、予約をするのも簡単ではありません。
12月に入ってからでは予約が埋まっていて、年内の作業を断れてしまうケースもあります。
余裕を持って10月頃までに依頼をすることが大切です。
予約が集中する時期は通常よりも料金が高くなることもあります。
スムーズに依頼ができて料金も安くなりやすい閑散期に行うのも一つの手です。
業者を変えずに同じ所に任せている人は、作業終了と同時に翌年の依頼をするという方法もあります。
作業日を同じにすれば1年後でもスケジュール調整がしやすく、うっかり忘れる心配もありません。

障子張り替えはどの程度定期的にやるべきなのか

障子に多少の破れや変色があっても、生活に困るわけではないことから、意外と放置しがちではないでしょうか。
障子張り替え作業は大変だというだけではなく、どれくらいの頻度で替えるべきなのかが分からないという点も放置しがちな原因の一つです。
では、障子張り替えはどの程度定期的にやるべきなのでしょうか。
基本的には、2年から5年おきに行うのが理想と言えます。
もっとも、日当たりであったり、普段の使用方法などの条件によっても障子紙の状態は変わるので一概にはいえません。
また、使用している紙の種類によっても異なります。
以上のように、基本的には2年から5年の間隔で張り替えを行いますが、劣化がひどい場合には使用した年数にかかわらず早めの交換をお勧めします。
張り替えの時期は破れ、汚れ、変色などの紙の状態でも判断できるので、こまめにお手入れをしながら定期的に劣化の具合を確認しておくといいです。
一部が破れただけの場合には、応急処置として補修シールを貼ることで対応することも出来ます。

障子張り替えではどのような障子紙を選ぶのか

和室では障子が使われることが多くなっていますが、障子紙も長く使っている間に破れや色褪せなどの劣化も目立ってきます。
そろそろ障子張り替えを考えている人もいるのではないでしょうか。
障子張り替えは、自分でもできますが、まずは材料をそろえておく必要があります。
ホームセンターなどで購入することができますが、障子紙も種類が豊富です。
以前のものと同じものを選ぶこともできますし、より強度の高いものやきれいな模様の入ったものを選ぶこともできます。
機能性に優れたものはやや高めですが、そのかわり長持ちするというメリットもあります。
UVカット率に優れたものや、水や汚れに強いタイプもありますので、じっくりと比較しながら良いものを選んでいきましょう。
プラスチック製のものは強度にも優れており、お手入れも楽にできるので小さいお子さんやペットがいる家庭にも向いています。
それから、貼り方ものりで貼るタイプもあれば、アイロンで貼るタイプもありますので、貼り方についてもよく確認しておきましょう。

障子張り替えを専門に行う業者も存在しています

障子は丈夫な紙素材で作られていますが、ぶつけて穴が開いたり、経年劣化で黄ばみが目立ってしまうことがあります。
そのまま放置をしておくとみっともないので、気になったときに障子張り替えをすると良いでしょう。
ホームセンターなどで必要なものは販売されていますし、今まで張り替えをしたことがなくても、やってみると案外簡単だったということが少なくありません。
ただ皺にならないように完璧な状態にしたいという時は、障子張り替えを専門に行う業者に依頼することをおすすめします。
ここで注意をしたいのは専門に行う業者が信頼できるかどうかということで、中には法外な料金を請求する悪質な業者も存在しています。
そんな業者に引っかからないようにするため、見積もりを請求したり、実店舗を構えているかどうかを確認しましょう。
実店舗を構えていて、昔から地域密着型で商売をしているのであれば、障子張り替えのスキルもありますし安心して任せることができます。

障子張り替えに便利なアイテムはホームセンターで購入できます

年末が近くなると、普段は掃除しないところも綺麗にしようというやる気がわいてくる人は多いでしょう。
そんな時は障子張り替えをすることで、見た目も綺麗になって気分も爽快に新年を迎えることができます。
障子は紙製ですが丈夫なので簡単に破れることはありませんが、紫外線や空気中の汚れが付着するので、少しずつ黄ばむなどの劣化が進んでいます。
ただ障子張り替えは想像しているよりも簡単で、ホームセンターで障子紙はもちろん、張替えに必要な便利なアイテムを揃えることができます。
便利なアイテムとして欠かせないのは、糊を薄く均等の延ばすヘラだと言えます。
手では細かい部分まで伸ばすことが難しいですし、均等にするためにはヘラが効率的だからです。
ヘラは障子紙が皺にならないようにするときにも使えますから、1本購入していても無駄にはなりません。
障子紙にも様々な種類があり、紫外線に強いものから破れにくいものまで揃っているので、予算や用途に合わせて選ぶと良いです。

障子張り替えは自分で行っても最短1日で終わらせることが可能

障子は少しのことでは破れない丈夫な紙素材で作られていますが、空気中に汚れなどが少しずつ付着することで、経年劣化により黄ばみは目立ってくることがあるでしょう。
そうなると汚れが気になって見栄えも良くありませんから、障子張り替えをするという方法があります。
昔はお正月前などに家族総出で掃除をするときに障子張り替えをすることも行われていましたが、最近では和室も少なくなったのでその光景も失われつつあります。
ただ日本の住宅には和室を持つ人も少なくありませんから、障子張り替えをするために必要なものはホームセンターなどで全て簡単に手に入れることが可能です。
業者に依頼をするよりも費用を安く抑えることができますし、天気が良い日であれば最短1日で終わらせることができます。
天気が良いと、糊が乾きやすいので障子紙も皺が寄ることなく、仕上がりが綺麗になります。
障子張り替えをするときは天気予報をチェックしてから、行うことをお勧めします。

障子張り替えは手の器用な方であればDIYでも綺麗に貼れます

劣化を起こしていることで障子張り替えを検討している場合、手の器用な方は意外と簡単にDIYの作業で張り替えを行えます。
最初に準備が必要になる物は新しい障子紙と古い障子紙の剥がし剤、定規とカッターがあれば一応は万全です。
作業工程は平らな床面などに置いた状態で、剥がし剤を枠の部分に塗り込んでおき、少しの時間を待って剥がす作業が必要です。
もしも木枠に糊が残ってしまった場合は、水に濡らしたスポンジを使えば綺麗に落とせます。
新しい障子紙を仮当てしてみて起点となる位置決めを行っておき、ロール状で購入をした障子であれば巻き癖を直しておくことも大切です。
障子張り替え用の糊を木枠に塗っていき、障子紙を起点となる位置から少し引っ張りながら貼り合わせていくだけです。
貼り終えた段階で中央付近から上下左右に手で慣らしを行い、完了後には余った部分をカッターでカットする作業で完成できます。
専用の糊を使う場合は、はみ出しに注意が必要とされ、簡単に行うには障子張り替え用の両面テープも便利に使えます。

障子張り替えは専門業者にお任せするのがベストな選択

エアコン・照明器具の設置やシャワーヘッド・蛇口の交換やコンセントの新設・増設や間取りの変更や害虫の駆除や壁塗装やサッシの取り替えなど、DIYで対応できそうだけど実は意外と難しくて素人が安易に手出しすべきではない作業は意外と多くありますが、障子張り替えも自分で行わずに専門業者に全てお任せするのが賢いベストな選択です。
障子張り替えをプロに依頼することの利点についてですが、部屋の環境やインテリアに応じて機能的にもデザイン的にも最適な障子紙を選んでもらえる、刷毛や糊や障子紙や養生材など作業に必要な道具を買い揃えるための費用や手間を考えれば業者に依頼したほうが断然費用対効果は高い、曲がってシワがよったり穴があいたり破れたりという素人ならではのミスとは無縁で美しく完璧に仕上げてもらえるなどがあります。
作業スペースや作業時間の確保も不要で、見積もりと簡単な打ち合わせをしたら出来上がりを待つだけという負担の少なさが最大の魅力です。

おすすめの障子張替え情報サイト

千葉にある障子張替え

新着情報

◎2023/12/15

情報を追加しました。


>障子張り替えを専門に行う業者も存在しています
>障子張り替えに便利なアイテムはホームセンターで購入できます
>障子張り替えは自分で行っても最短1日で終わらせることが可能
>障子張り替えは手の器用な方であればDIYでも綺麗に貼れます
>障子張り替えは専門業者にお任せするのがベストな選択

◎2023/2/15

情報を追加しました。


>適した時期やコツを知ることで障子張り替えの仕上がりに差がつく
>障子張り替えを始めてでも簡単に行うやり方について
>障子張り替え業者の繁忙期とスムーズに予約をするコツ
>障子張り替えはどの程度定期的にやるべきなのか
>障子張り替えではどのような障子紙を選ぶのか

◎2022/4/28

情報を追加しました。


>大掃除と一緒にやってしまいたい障子張り替え
>準備が大変な障子張り替え作業はプロに依頼すべき
>障子張り替えを女性が行うときのポイントとは
>障子張り替えは便利で簡単に行える!準備が大事
>障子張り替えをできるだけ節約をして施工する簡単な方法

◎2021/10/13

業者に依頼することも出来る
の情報を更新しました。

◎2021/8/16

張り替えのタイミングと掃除の方法
の情報を更新しました。

◎2021/6/30

サイト公開しました

1人穴開けるから 年末はミルさん宅の障子張り替え 一緒にやりましょうね ミルさんにもブラックさんにも 会えるから楽しみ😎😂

返信先:りょうまさん、こんにちは🍀 今日は、初の障子張り替えで感情を揺さぶりたいと思います⇦何の話や?ww 素敵な午後を~♡

返信先:らすぽんさんおはようございます! 障子張り替えできるの凄い👀✨器用ですもんね!ふぁいとぉ!!

返信先:そっち見えておらぬ者…w登場時の名乗りが好きです。 昔、祖母宅で張り替えたばかりの障子を隣の家の猫にブチ破られてキレ散らかしましたねぇ…

-->